2012年08月

2012年08月27日

 愛知県弁護士会のサイトから民事再生の説明を引用します。

<民事再生とは、平成12年4月よりスタートした「再建型」の倒産制度です。従来、和議という類似制度がありましたが、民事再生は、昨今の経済情勢をふまえ、主に経済的苦境に陥った中小企業がよりスムーズに再建できるよう制定されたものです>

<民事再生の申立は、手形の不渡りや支払不能などの破産原因が現になくとも、そのおそれがあれば足りますので、再建が「手遅れ」になる前に申し立てることが可能となりました>

<概略、債権の調査手続等を経た後、原則として債務者が再生計画案を裁判所に提出します。そして、この再生計画案が債権者集会などで可決され(表参照)、裁判所がこれを認可すればその再生計画が確定します>

 手遅れになる前に、再建がスムーズにできるよう、裁判所の認可を得て確定した再生計画に基づいて、蘇るために全力を尽くす、ということです。

 章栄不動産が民事再生で頑張っているのは、こういう流れを踏まえたものです。 


fathersh at 16:29コメント(0)
  • ライブドアブログ